Your 728 X 90 Ad Code

転職実績の少ない職業訓練コースは避けたほうが良い!?

転職実績の少ない職業訓練コースは避けたほうが良いと思います。いくらそのコースで取得できる資格や技術に興味を持っている場合でも、その資格や技術が転職する上で求められていないものなら、取得してもあまり意味がないからです。
つまり、なんのプランもなしに、「ただ興味があるから・・・」という理由だけで職業訓練学校に通ってもあまり意味がないということです。興味はなくても、転職に使える資格や技術なら、選り好みせずに申し込む意欲も大切です。そういった積極性と行動力があれば、転職に成功できる日も近くなるのです。もう1つ危ない点は、求人紹介されるとブラック企業になってしまうという点です。ハローワークの職員は笑顔でブラック企業を紹介してきます。ハローワークのブラック企業情報はこちらにありますよ!
もう1つ注意点があります。それは、転職実績が少ないコースは避けるという点です。いくら人気のあるコースでも転職実績が少ないなら、それは現時点で求められていない資格なのです。または、既に取得している人が多く飽和状態になっている資格という可能性も高いのです。
そのような資格を長時間かけて取得しても、期待しているほどの成果をあげることはできないでしょう。なぜなら、企業側はその資格や技術を求めていないからです。では、どうしたら、企業側が求めているような資格や技術のコースを見極めることができるのでしょうか?
そのためには、ハローワークの職員に相談することがベストな方法です。できれば退職をしてしまう前にハローワークにいって、実際に通うことができるコースがあるのか?また、そのコースの転職実績はどうなのか?そういったことをチェックすれば良いのです。

パートでも有給休暇ってもらえるの?

結論から申し上げると、パートでも有給休暇をもらうことができます。ただし、すべてのパートさんが無条件でもらえるわけではありません。決められた一定の条件を満たすことができているパートさんだけが有給休暇をもらうことができるのです。

たまにしか出勤しないようなパートさんは、まず、有給休暇をもらうことはできないでしょう。逆に、毎日のように長時間出勤しているパートさんなら、極めて、有給休暇をもらえる可能性が高いのです。しかし、ここで1つの問題点が出てきます。

それは、本来なら、有給休暇がもらえる条件を満たしているパートさんでも有給休暇がもらえるという事実すら知らされていない・・・という問題点です。これは、パートさんを雇っている雇用主の怠慢です。もし、悪意があって、有給休暇をあげたくないから言わない・・・なら、それは卑劣な行為です。

実際に、パートさんのほうも、「どうせパートだから、有給休暇なんてもらえないのが当たり前・・・」なんて諦めてしまっているのです。そうなれば、雇い主の思う壺となってしまうのです。

もし、今、パートさんで、毎日のように出勤している方は、すぐに自分が有給休暇をもらえる条件を満たしているのか?確認してみましょう。もし、条件を満たしているのに有給休暇がもらえない場合は、労働基準監督署に相談してみましょう。厳重な処罰をしてくれることでしょう!

知らないと損する!パートの常識④

「パートでも認められている権利があることを知りませんでした・・・」本当にパートさんの権利を理解していない方が多すぎるのです。だから、パートさんやアルバイトは、会社にとって都合が良い存在として、ぞんざいに扱われてしまうのです。

このままでは、いつになってもパートさんやアルバイトの権利は認めてもらえないのです。こんな状況を変えるためには、パートさんやアルバイトの方々が一丸となって会社と戦う必要があるのです。そのためには、最低限の知識が必要となるのです。

例えば、パートさんがケガをした場合、当然のことながら、労災保険が適用されます。勤務中のケガはもちろん、通勤中のケガでも労災保険が使えるのです。労災保険を使うことで、治療費が0円になるのはもちろん、働けなくなった期間の補償までしてもらうことができるのです!

それも知らずに、会社から次のようなことを言われて、納得してしまうパートさんがいるのです。「うちはパートさんには労災保険をかけてないから、申し訳ないけど、自分の健康保険で治療してね・・・」なんてありえないことを言われてしまうのです。

こんなことは絶対に許してはいけません。パートでもアルバイトでも誰かを雇ったら、絶対に労災保険に加入しなければいけないと法律で決まっているのです。なので、断固として、納得してはいけないのです。納得しないことで、会社との関係が悪くなるくらいなら、そんなパートは辞めたほうが良いでしょう。

知らないと損する!パートの常識③

「パートでも残業代が出るって知らなくて損をしてしまいました・・・」そんな悩みを持たれている方は、ご安心ください!もし、残業代や割増時給が本来ならもらえるのに、もらえなかった・・・という場合でも、過去に遡って支払う義務が会社にはあるからです。

まず、普通に残業をした場合も、休日出勤や深夜勤務をした場合も、残業代や割増時給が発生します。それなのに普段の時給と変わらない給料だった・・・というなら、それは明らかに違法です。そのような場合は、まず、雇い主の責任者に主張してみましょう。

その後の関係もあるので、まずは円満に話し合いをするように心がけましょう。パートさんが怒りを前面に出してしまえば、正社員もなかなか譲れない・・・なんてことになれば、その後、パートとして働き続けるのが面倒くさくなってしまう場合もあるからです。どんなにイライラしていても、まずは社員と冷静に話し合ってみましょう。

9割以上は、話し合いで解決します。ほとんどの場合、会社のほうから謝罪があり、それまでの残業代と割増時給をすべて一括で支払ってもらいことがおさまります。しかし、残り1割のケースで、残業代や割増時給を支払わない悪質な会社もあります。そのような場合は、問答無用で労働基監督署に密告してしまいましょう!そうすることで、雇い主側の会社が厳重な処罰を受けることになるのです。

知らないと損する!パートの常識②

「パートでも有給休暇がもらえるって知らなくて損をしてしまいました・・・」こんなふうに残念な思いをしているパートが非常に多いのです。そもそも、有給休暇は正社員しかもらえない・・・なんてイメージが強いからです。

私もパートやアルバイトをやっていた頃は、有給休暇なんてもらえないのが当たり前!もらえるなんて贅沢すぎる!と思い込んでいました。しかし、何も有給休暇は正社員の専売特許というわけではないのです。

パートだってアルバイトだって派遣社員だって契約社員だって、働く時間など一定の条件を満たすことができれば、誰でも有給休暇をとることができるのです。この場合も、有給休暇がとれる条件を満たしているパートさんやアルバイトに何も伝えない・・・という悪質なケースがあるのです。

雇用保険未加入のケースと同じで、パートやアルバイトに有給を取られたくないから、知りつつも知らせないという悪徳なことを平気でする会社が多いのです。しかしながら、伝えなかった・・・からといって、会社が厳重な処罰を受けることはないのです。

雇用保険未加入のケースと同じで、やはり、パートさんやアルバイトが、自分で勉強して、会社に騙されないような知識を身につけておく必要があるのです。自分で分からない場合はハローワークに相談したり、労働基準監督署に相談してみるのも良い方法です。

知らないと損する!パートの常識①

「パートでも雇用保険に加入できるって知らなくて損をしてしまいました・・・」そんな後悔をしているパートさんが意外にも多いのです。パートさんだと、雇用保険に入れない・・・なんていう都市伝説のような噂は昔からありました。私も若い頃は、パートやアルバイトは雇用保険に加入できないと信じていました。

しかし、ハローワークに相談してみると、一定の条件をクリアしていれば、パートでもアルバイトでも雇用保険に加入できるということが分かったのです。つまり、会社によっては雇用保険に加入できる条件を満たしているパートさんなのに、お金がかかるから、加入させない・・・という詐欺のようなことをしているのです。

パートさんからすれば、そもそも、雇用保険になって加入できない・・・という間違った知識を持っているので、まんまと会社の思う壺となってしまうのです。このようなケースは意外にも多く、今も雇用保険に加入できるのに、会社から加入してもらえない・・・そのことにも気付いていないパートさんが星の数ほどいるのです。

残念ながら、パートさんが自分で知識を持ち、勉強をして、おかしい!ということに気付き、主張しなければ、改善されることはありません。なぜなら、雇用保険に加入させなくても罰則はないからです。そんな会社にとって都合が良い扱いをさせられないためにも、パートさんの権利をしっかりと学んでおきましょう!

ハローワークの職業訓練を受ける隠されたメリット4

ハローワークの職業訓練学校を無事に卒業すると、最適な転職先を紹介してもらえます。普通にハローワークに通って転職先を紹介してもらうよりも、職業訓練学校を卒業して資格や手に職をつけてから紹介してもらったほうが圧倒的に有利なのです。
ハローワークの職員からしても、しっかりと職業訓練学校を卒業している人材のほうが紹介しやすいのです。もちろん、普通に転職先を紹介してもらうよりも、職業訓練学校を卒業しているという実績があれば採用される率も高くなるのです。
ですので、資格や技術がなくて自分に自信が持てず採用をもらうことができない・・・と悩んでいる人は、職業訓練学校のコースを紹介してもらいましょう。あなたに適したコースを紹介してもらうことができれば、失業給付やその他の手厚い支援制度を受けながら資格取得や技術を身につけることができます。
普通なら、数百万円の費用がかかるような専門学校でしか取得できない資格や技術もハローワークの職業訓練なら無料で手当て付きで取得することができるのです!これほど手厚いサービスは他にないのです。ただし、注意点もあります。
それは、希望のコースに必ずしも通えるとは限らないという点です。そもそも時期によっては希望のコースが締め切られているというケースもあるのです。また、職業訓練学校に通うためには、審査があるので、その審査に合格することができなければ、通うことはできないのです。

ハローワークの職業訓練を受ける隠されたメリット3

ハローワークに長く通っていると、どうしても生活のリズムが乱れてしまうのです。ハローワークへは毎日通うわけではないので、通わない日は堕落した生活になってしまうのです。会社員だった頃は、どんな理由があろうとも平日は朝起きて出勤しなければいけません。
寝不足でも疲れていても生活のリズムが壊れることも無いのです。しかし、会社を退職してしまえばそうはいきません。一時的に自由な生活を満喫することができ、気持ち的には楽になります。退職後、2日から3日くらいは堕落した生活を送っても良いと思います。
退職する際は、かなりの疲労とストレスを感じてしまうので、それを癒すためにも2日から3日くらいの休養は必要だからです。しかし、3日以上休養をとってしまうのは危険です。なぜなら、いつまでもダラダラと怠慢な生活をしていれば、それが染み付いてしまうからです。
1度堕落した生活が染み付いてしまえば、そこから脱出するのは意外に難しいことなのです。そんなことにならないためにも、ハローワークの職業訓練に通いましょう。ハローワークの職業訓練に通えば、堕落した生活をもとの規則正しい生活に戻すことができるのです。
規則正しい生活のリズムに戻すことで、その後の転職活動に非常に良い影響をもたらすのです。朝早く起きてハローワークに通うことで、待遇や条件の良い求人を誰よりも早く見つけることができるのです。

ハローワークの職業訓練を受ける隠されたメリット2

ハローワークに通い続けて転職活動に没頭していると、最初の頃はやる気も情熱もあるので、心が折れることもありません。しかし、3ヶ月もハローワークに通い続けて不採用が続いてしまえば、どれだけメンタルが強い人でも心が折れそうになってしまうのです。
ハローワークに通い続けることで心が折れるのではありません。心が弱ってしまう1番の原因は孤独感に苛まれてしまうという点です。転職活動は、誰も一緒にやってくれるわけでもないし、頑張っても褒めてもらえるものでもありません。家族でさえ理解してはくれないことが多いのです。
まして、ハローワークの職員はサポートはしてくれますが、あくまでも他人です。ハローワークの職員の中には、フレンドリーになってくれる人も稀にいるかもしれません。しかしながら、それはレアなケースでほとんどは事務的なサポートしかしてくれないのが原則です。
そうなると、どんなに頑張っても成果が出ず、孤独感はさらに強くなってしまうのです。そこで、気分を変えて自分の転職活動をする上での武器を増やすためにもハローワークの職業訓練を利用してみましょう。
職業訓練を利用することで、資格や手に職を身につけることもできるし、なんと言っても同じ目的で職業訓練を利用している仲間と出会うことができるのです。私もハローワークの職業訓練を利用したことがあるので、分かりますが、本当にみんなが仲良くなれる場所なのです!

ハローワークの職業訓練を受ける隠されたメリット1

ハローワークの職業訓練を受けるメリットには、失業給付がすぐにもらえたり、延長して多くもらえたり、さらには受講手当てや通所手当てがもらえるという大きなメリットがあります。しかし、それ以外にも隠されたメリットがあるのをご存知でしょうか?
その隠されたメリットとは、認定日にいちいちハローワークに行かなくても良いというメリットです。これは非常に大きなメリットとなるのです。通常なら、失業給付をもらい続けるためには、認定日ごとにハローワークに足を運ばなければなりません。
さらには、求職活動実績を証明しなければならないのです。転職活動をしているだけでも大変なのに、認定日ごとにハローワークに通いのはかなり面倒なことなのです。ハローワークの職業訓練に通うことができれば、こういったジレンマがすべて解消されてしまうのです。
ハローワークの職業訓練に通うことで、わざわざ失業認定日に面談を受けなくても済んでしまうのです!ハローワークの職業訓練に通うことができれば、失業認定日は月末の1回だけになるのです。しかも、面倒な手続きはすべてハローワークの職員が代行してくれるのです。
つまり、失業認定日に行くことも、それに関わる面倒な作業もすべて無くなる!ということです。これほど大きなメリットはないのです。ハローワークの職業訓練を受けるためには退職するタイミングが重要なので事前に確認しておきましょう。